ピックアップ、注目の記事


ニュース、最新の記事

【コラム】[連載小説]戦う法務課長 第43話「コンプライアンス編(2)」
北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役

体 制   中堅総合商社ミシマの法務部副部長である隼太郎は、上司である管理担当役員の秦より、欧州からの内部告発メールに関する調査を命じられた。内部告発は、英文メールでミシマのコンプライアンス窓口宛に送られていた。 ミシマのコンプライアンス体制は、社長をコンプライアンス委員長とし、管理担当役員が事務局長となり、委員として財務、経営企画、人事、広報室、秘書室の責任者それぞれの担当役員が名を連ねている。コンプライアンス窓口とは、いわゆるホットラインの連絡先であり、通報者は電話、メールいずれで...

【コラム】[連載小説]戦う法務課長 第42話「コンプライアンス編(1)」
北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役

インタビュー   中堅総合商社ミシマの法務部副部長である隼太郎は、法律雑誌の編集者のインタビューを受けていた。 この法律雑誌は毎月出版されているが、毎号見開き1ページを使って、さまざまな会社の法務部を紹介している。ミシマの広報室を通じて、隼のところに取材協力の依頼がきた。隼は、法律雑誌出版社に請われて、実務記事を書くことはあまり苦にはならなかったが、編集者からインタビューを受けるということには抵抗があった。文章であれば、推敲を重ね、内容を吟味できる。しかし、インタビューは、聞かれたこと...

【コラム】[連載小説]戦う法務課長 第41話「新人教育編(23)」
北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役

ワイン   中堅総合商社のミシマの法務部は、生き残りをかけた資産売却プロジェクト「キロ」を、法務、財務および田の所属するクライド&ケインの弁護士たちの協力を得て、完遂させた。 取引の相手方であるドイツの投資銀行クラインゲルドは、多額の手数料を手にした結果、担当のカールは今までにないボーナスを手にした。カールの上司クラウスは、そのボーナスに加え、巨額の退職金をもらってリタイアしてしまった。カールは、ドイツに帰国した際に、クラウスの住むライン川の支流が流れこむ南ドイツの小さな街を訪ねた。ク...

【コラム】[連載小説]戦う法務課長 第40話「新人教育編(22)」
北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役

力仕事   中堅総合商社ミシマが極秘に進めていた融資債権の売却プロジェクト(プロジェクト名「キロ」)は、大詰めを迎えている。 購入先のドイツ系投資銀行であるクラインゲルドは、隼、峰を中心とするプロジェクトメンバーとの交渉を通じて、債権が売却される都度、売却代金を支払うことで、一応の合意を見た。 しかし、それだけで交渉が終わったわけではない。法務とファイナンスの混合であるプロジェクトメンバーには山ほどの仕事が控えていた。ミシマのプロジェクトチームの主な仕事は事実確認と売却代金入金までのス...

【コラム】[連載小説]戦う法務課長 第39話「新人教育編(21)」
北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役

様変わり隼は、田からのレターを受け取った。ハーバート&モリスのレターヘッドではなく、田の新たな事務所であるクライド&ケインのものであった。田の事務所は、ハーバート&モリスから分離し、クライド&ケインの日本事務所となったのだ。同事務所は英国に本拠地があるが、これまで日本に拠点がなかった。一方、ハーバート&モリスが吸収合併した事務所にも東京に拠点があり、いずれどちらかに統合されることになった。田の事務所は、吸収先の東京事務所に統合されることになったのだ。田としては、別に事務所の主導権を握ることに執着...