[連載小説]戦う法務課長 第4話「契約交渉②」

2013年5月23日|北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役
コラム トラックバック (0)

好 敵 手

 

 「日本側の主張はわかりました。明日の交渉で、外貨転換および保証の件を片付けましょう。それまで商業上の観点から問題となる点は、すべて解決しておいてください」

 Y共和国財務省のエレーナ・イワノバは、交渉担当者からの報告に対して、電話を切った。彼女は、今回の契約交渉においてY共和国財務大臣より全権を委任されている。

 今度の契約交渉には、会社の法務部の人間が同席していることから、政府起用の弁護士を同行させることも考えたが、結局やめた。その法務部の人間とやらが資格を有した弁護士でないこと、営業の人間と一緒に商業上、つまりコマーシャルな点についても口を出してきているようなので、それには及ばないだろうと判断したためだ。何より、イワノバ自身、財務省に入る前は、モスクワで弁護士として活動していた時期もあった。これまで、日本企業との交渉は随分と担当してきたので、今回も経験の範囲内で対応できると考えている。

 ただし、現地からの報告で気になる点が一つあった。交渉過程でデッドロックの状態にのりあげたが、その法務の人間は、「交渉打ち切り」を伝えた現地交渉担当者の発言に顔色も変えなかったという。

 

不 安

 

 「先生、これで話がご破算になるなんてことないだろうね」

 「今回の商談は、ここまで話が進んでいるんだ。そう簡単にブレイクする気はないよ。現に、明日、政府の代表がこの件のために飛んでくるんだろう?」

 隼は、心配そうな機械部門の課長に対してこともなげに言い放った。しかし、政府保証については、国家の予算措置と密接に関係している。いかに重要な商談とはいえ、一民間企業のために、国家予算の枠組みを変えることはできまい。支払期間すべてをカバーする保証ができないとなった場合どうするか?隼は、過去に、同様のケースがなかったか記憶を必死に手繰った。ベトナム、タイ、アンゴラ、インドネシア等、確かどこかで似たような事態に直面したことがある。

>>続きを読む

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://businesslaw.jp/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/138