[連載小説]戦う法務課長 第8話「企業買収編② 再会」

2013年6月20日|北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役
コラム トラックバック (0)

準 備

 

 午前7時。まだ、誰も来ていないようだ。乾は、自分のデスクの上のパソコンのスイッチを入れた。起動音がはっきりと聞こえる。

 「やあ、早いね」後ろから声をかけられた。隼である。どうやら、また会社に泊まりこんだらしい。

 「10時からBIT社との最初のミーティングですが、何か準備をしておく必要がありますか?」

 乾は、先週、株式会社三島工商に中途採用され、隼のいる法務課へ配属された。そして配属初日に、英国の機械部品メーカー、BIT社と共同で山梨県の秋津製作所に出資をするプロジェクトを任された。今日は、そのBIT社と打ち合わせである。

 「BIT社は、 何かミーティングアジェンダ(meeting agenda)を出して来たかい?」

 乾は、隼に営業部がようやく昨晩BIT社から入手した会議議題の要約を手渡した。

 

Meeting Agenda

 

 要約は、紙1枚であった。隼は注意深く、11つの項目を繰り返し見ていった。

>>続きを読む

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://businesslaw.jp/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/142