[連載小説]戦う法務課長 第29話「新人教育編⑪」

2013年11月14日|北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社/代表取締役
コラム トラックバック (0)

画 餅
 

もともと、製品の製造が当初の予定数量に達していないことが、合弁会社の利益不振の原因だ、と柴はみていた。

投資決裁に関する書類をみたが、現物出資される機械設備が老朽化している点を懸念する意見はあるものの、追加設備投資金額の部分については、「当面、様子見」とい結論になっていた。すなわち、とりあえず、今ある設備でできるところまでやれ、という判断であったようだ。

合弁会社の利益と製造の効率は最も直接的に関係してくるものであり、製造や原料調達に関わるコストをいくら減らそうとも、収益の源泉である製品が出荷できなければ何にもならない。柴にしてみれば、決裁を取りやすくするために、申請内容を「調整」したとしか思えない。

肝心の収益を生み出す仕組みがきちんと整備され、「画に描いた餅」にならぬよう案件を仕込むことが、営業部隊の腕のみせどころであろう。自分が、計画当初よりこの合弁事業に関わっていたなら、きっと違う絵図を描いたに違いない。柴はそう確信していた。


構 図
 

SDF社が、ミシマとの交渉の場において、ミシマが化学品製造販売のための合弁会社にからむ取引で相当の収益を得ている、と指摘する理由は、いくつもある。新入社員で、隼に同行している湊蓉子は、数日前に作成した自分のメモに目を落としながら、SDF社の話を聞いていた。

 

>>続きを読む

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://businesslaw.jp/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/163