[翻訳] 契約債務に適用される法に関する欧州議会及び理事会規則(Rome Ⅰ)(最終草案全文訳)

2008年6月20日|杉浦保友 一橋大学大学院教授・イングランド弁護士
解説 トラックバック (0)

*Rome I Regulationは、6月5日、6日にルクセンブルクで開催された欧州理事会で正式に採択され、7月4日にOfficial Journal(官報)(L.177/6)で「欧州議会及び理事会規則No.593/2008」として全文が公表されました。
 ローマ条約を改正したRome I Regulation(ローマI規則)については、2007年12月に最終草案が欧州議会及び欧州理事会で承認され、2009年秋に発効する予定である。日本企業と欧州企業との契約紛争がEU加盟国の裁判所に持ち込まれた場合など、準拠法決定の場面で本規則がどう用いられるかといった内容については、本サイトで別途解説を掲載した。そのローマI規則最終草案全文につき、いち早く翻訳したので、ここに掲載する。

>>続きをPDFで読む


杉浦保友 一橋大学大学院教授・イングランド弁護士

すぎうら・やすとも
70年一橋大学法学部卒業。三井物産法務部門で、30年以上、主として海外企業法務を担当。ロンドン駐在中、英国College of Lawで学ぶ。01年1月Solicitor (England & Wales)として、弁護士登録。03年4月一橋大学大学院教授。専攻は、国際取引法、企業法務、英国ビジネス法。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://businesslaw.jp/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10