[速報] Rome I Regulation正式発表

2008年7月11日|杉浦保友 一橋大学大学院教授・イングランド弁護士
解説 トラックバック (0)

 Rome I Regulationが官報で正式に発表されました(CONFLICT OF LAWS. NET速報より)。

 その結果、[翻訳]債務に適用される法に関する欧州議会及び理事会規則」(Rome I)(最終草案全文訳)において*マークがついてブランクとなっていた部分に具体的な日付等が入ります。その他の変更点も含め、以下のように補正致します。なお、最終草案中の注(*1~6)は削除となります。

-------------------------

題名:
「契約債務の適用法に関する2008年6月17日欧州議会及び理事会規則(EC)(No.593/2008)(Rome I Regulation)」

官報(Official Journal):
2008年7月4日、L.177/6)

条文:
第26条
1.「2009年6月17日までに」

第27条
1.「2013年6月17日までに」
2.「2010年6月17日までに」

第28条
「本規則は、2009年12月17日以降に締結される契約に適用される。」

第29条及び最終文書
「本規則は、欧州連合の官報(Official Journal)で発表した20日目の日に発効する。 また、2009年6月7日から適用される第26条を除き、2009年12月17日から適用される。

本規則は欧州共同体設立条約に従い、加盟国に対して、全部について拘束力を持ち、かつ直接適用される。

2008年6月17日 ストラスブルクにて

欧州議会を代表して
議長 H.G.POETTERING

理事会を代表して
代表 J.LENARCIC


杉浦保友 一橋大学大学院教授・イングランド弁護士

すぎうら・やすとも
70年一橋大学法学部卒業。三井物産法務部門で、30年以上、主として海外企業法務を担当。ロンドン駐在中、英国College of Lawで学ぶ。01年1月Solicitor (England & Wales)として、弁護士登録。03年4月一橋大学大学院教授。専攻は、国際取引法、企業法務、英国ビジネス法。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://businesslaw.jp/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/20