2008. 7月号(No.4)の目次

第4号

2008年5月21日発売
 在庫切れ

法律事務所の大規模化や弁護士数の増加、リーガルリスクの増大という流れの中にあって、企業と弁護士の関係は既に少しずつ変わり始めている。
限られた人員と限られた費用の中で、いかに弁護士を活用するか。
専門家がもつ知識と経験を、自社のビジネスのために最大限に活かす舵取りは、法務担当者の腕にかかっている。
経験豊富な法務部長、若手法務部員、そして依頼を受ける側の弁護士。
それぞれの立場から見た弁護士の活用法とは。
今の弁護士との付き合いに悩む人はもちろん、不満はなくとも、よりコストパフォーマンスの高い付き合い方を望む人のために、豊富な事例でヒントを提供したい。
サンプル01 サンプル01

今の弁護士に満足ですか?
―効果的活用のための依頼・評価・コスト管理法
法務部長 覆面座談会

弁護士とはこう付き合う【効果的に活用するには?】

IT/外資系メーカー/不動産/化学 法務部長

若手法務担当者から見た

理想の弁護士サービス

流通会社A/金融会社B 法務担当者

若手弁護士常駐のメリット

塚本知行 電通 法務室エグゼクティブ・プロジェクト・マネージャー

百戦錬磨の元法務担当者に聞く

弁護士とのトラブル・スッキリ解決法!

元法務担当者 ・ ブロガー

訴訟時の仕切り方―“伝書鳩法務”にならないための5箇条

サービス業 法務担当者

常駐弁護士・社外弁護士・社内リソースをフル活用

二階 信 NTTドコモ 法務部リスクマネジメント担当部長

弁護士への説明は、紛争案件の担当者が自ら行うのが原則

鳥本忠司 東急エージェンシー 法務部長

弁護士との協力関係で法務をカイゼンする

菅原章文 トヨタ自動車 法務部長

インハウスローヤーから見た

企業法務と法律事務所の役割分担

マイクロソフト 法務・政策企画統括本部 法務本部

弁護士の選び方と頼み方―地雷を踏まないために

内藤 篤 弁護士

ひとめでわかる「弁護士ポートフォリオ」

河野誠之 三菱UFJ証券 法務部長

パフォーマンスをどう把握する?

コミュニケーションツールとしての「活動報告書」

鈴木貴博 日本政策投資銀行 法務・コンプライアンス部長

弁護士覆面対談

弁護士から法務担当者へのアドバイス―お互いに気持ちよく仕事をするために

Interview
豊富な企業買収案件が特徴

大槻智行 法務総本部長
パシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス株式会社

転ばぬ先の法務アドバイスを企業に提供する

中島 茂 弁護士 中島経営法律事務所

巻頭言
株式あるいは債券という名前にしたがった課税と法人税

渡辺裕泰 早稲田大学大学院教授 

Trend
ヤフー買収、決め手は「買収通貨」 日本企業、戦う土壌にさえ立てず

牧野 洋 経済ジャーナリスト 

Topics
神奈川県臨時特例企業税判決の解説(2)

藤枝 純 一橋大学大学院教授

連載
実務解説

コンプライアンス時代の株主総会議事録作成
田辺総合法律事務所 太田祐美子 弁護士

企業会計法current topics

持分法適用会社と敵対的企業買収
弥永真生 筑波大学大学院教授

Legal Updates US

半導体業界における特許訴訟及び特許審査の動向
ジョーンズ・デイ ロサンゼルス・オフィス トッド・R・ミラー 弁護士

Legal Updates Europe

ヨーロッパにおける買収防衛―イギリスの事例を中心に―
フレッシュフィールズブルックハウスデリンガー LLP ロンドンオフィス
大淵まゆこ イギリス法ソリシター

プラクティカル英文契約講座

「契約の正本、言語に関する条項」
長谷川俊明 弁護士

中国ビジネス法務Q&A

中国におけるインサイダー取引規制
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 北京事務所 中川裕茂 弁護士 / 若林 耕 弁護士

独禁法違反になる?ならない?「不公正な取引方法」の境界線

良い廉売と「不当廉売」との分かれ目はどこ?
森・濱田松本法律事務所 玉木昭久 弁護士

差し込まれないための交渉力トレーニング

上司の指示で弁護士に改善要求
板倉寿美 双日株式会社法務部

ロースクール事情あれこれ

認証評価制度への疑問
木俣由美 京都産業大学教授

説明の技法

違約金
岡 伸浩 弁護士

今すぐ使える! IT Tools&Tips

複合機を使いこなそう
たつき総合法律事務所  平岡 敦 弁護士/たつき総合法律事務所 柴 詠美子 秘書

牛島信のローヤー進化論
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book/Seminar Report

アフタースクール/森山大道展―I. レトロスペクティヴ 1965-2005 II. ハワイ/
VIRTUAL会社法〔第3版〕/循環取引及び決算訂正事例に見る内部統制のあり方と内部統制報告

編集後記・次号予告
ページトップへ戻る