2010.6月号(No.27)の目次

第27号

2010年4月21日発売
 在庫切れ

特集タイトル

[特集]日常業務だから見落としやすい!
秘密保持契約に潜むリスク

多くの読者にとって、秘密保持契約(NDA)といえば、普段、最も目にする契約類型の一つ。 日常業務として、レビューは難なくこなしているであろうが、はたして万全のリスクマネジメントができているといえるだろうか。
NDAをめぐって起き得るトラブルや失敗事例を基に、実効性のある条項例と秘密情報管理のポイントを示す。

サンプル01 サンプル02

[特集] 日常業務だから見落としやすい! 秘密保持契約に潜むリスク
NDAの典型条項例とバリエーション

井垣太介 弁護士 / 中村小裕 弁護士

【ケーススタディ】 訴訟を想定した条項案作成

浅見隆行 弁護士

誤った「常識」から脱却!

海外の先進的企業から学ぶNDAの戦略的活用

中町昭人 弁護士

“中国企業”との秘密保持契約における留意点

遠藤 誠 弁護士

18の裁判例から「秘密管理性」を分析

秘密情報の保護に関する判断要素

村尾治亮 弁護士 / 新間祐一郎 弁護士

契約だけを振りかざさない!弁護士が教えない“黙示の”NDA

杉江 武 JVC・ケンウッド・ホールディングス コーポレート戦略部/法務・知財統括部
ライセンス渉外担当/コンプライアンス担当

BLJ Workshop 
ライセンサー倒産リスクへの対応

~映画ライセンス契約を素材として~

出題者・ファシリテーター 
林 大介 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 法務部 バイスプレジデント

[徹底マスター 契約実務] シチュエーション別 提携契約の実務3 
資本提携(合弁会社)

[監修] 淵邊善彦 弁護士
柏 健吾 弁護士
石井恵介 弁護士

Interview
ジェネリック医薬品対策とM&Aで製薬業界の荒波を乗り越える

高橋健太 エーザイ ゼネラル・カウンセル 兼 知的財産担当 兼 法務部長 執行役

韓国トップクラスの事務所が日本に進出

和友外国法事務弁護士事務所

OPINION
「省事」で乗り切る

富澤敏勝 神戸学院大学実務法学研究科(法科大学院)教授

Inside Story
金融庁と企業家精神

三宅伸吾 日本経済新聞社 編集委員

連載
実務解説

証人尋問になった場合の留意点
菱山泰男 弁護士

いじめない、いじめられない!下請法違反の境界線

「受領拒否の禁止」要件の原則・例外を押さえよう
玉木昭久 弁護士

広告審査のOKライン

表示の根拠の準備の仕方
高橋善樹 弁護士・弁理士

企業会計法Current Topics

非上場会社の会計(1)
弥永真生 筑波大学大学院教授

法務担当者のタックスマインド

「海外M&A」の現場
加本 亘 弁護士

プラクティカル英文契約講座(特別集中連載―第1回)

「ウィーン売買条約」発効後の国際契約の条項はどう書くべきか?
長谷川俊明 弁護士

Global Legal Headlines

オーストラリアの再生可能エネルギー・プロジェクトに影響する法的問題
小川夏子 オーストラリア法弁護士 / ジョイ・フッカー オーストラリア法弁護士
武川丈士 弁護士

Global Business Law Seminar

契約実務から見た不実表示における取消権問題
─債権法改正における一般的規定への拡充問題─
河村寛治 明治学院大学法科大学院教授

リーガル・テクノロジーの潮流

・第6回 電子メールの重複排除処理
Ji2

・INTERVIEW
吉田直樹 米国弁護士

牛島信のローヤー進化論
真面目で慎重な読者のための転職活動ガイダンス

面接で必ず聞かれる質問
山室智子 インテリジェンス DODAキャリアコンサルタント(法務部門担当)

Research Tips
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る