2011.8月号(No.41)の目次

第41号

2011年6月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]民法改正
「中間論点整理」段階で何をすべきか

法制審議会で議論が始まってから、およそ1年半。 このたび「民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理」が決定され、6月1日からパブリック・コメントが実施されている。 「検討するにはまだ早い」として、十分にフォローしていない法務担当者も少なくないと思われるが、110年ぶりの大改正に対する検討は、本当に時期尚早なのだろうか。 改正が自社のビジネスに影響するか否か判断するための視点を、実務的な観点から整理して提供する。

サンプル01 サンプル02

[特集] 民法改正 ―「中間論点整理」段階で何をすべきか 
企業の意見が求められる理由 会社法改正時との違い
民法改正の重点項目 「中間的な論点整理」を三つの観点から再整理

前田敏博 弁護士 / 鈴木 卓 弁護士 / 善家啓文 弁護士

 

0. 「中間論点整理」検討の視点

1. BtoC企業が注意すべきポイント

2. BtoB企業が注意すべきポイント

3. 債権管理・回収の観点から注意すべきポイント

ビジネスを当てはめて望ましい改正を検討 パブコメ検討のためのモデル

ITベンダ法務部

編集部が調査した 法務担当者の受け止め方と個人的な注目点
[Viewpoint]専門家の内向きを排した 契約法世界共通化への前進が大事

柏木 昇 中央大学法科大学院教授

民法改正 弁護士の本音

 

震災対応
被災企業法務担当者が語る 法務相談、取引先・東電対応の現状

メーカー / メーカー / 小売 / サービス

議論しながら学ぶ 震災後のリーガルリスク対応【前編】

淵邊善彦 弁護士
北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 取締役 ジェネラルカウンセル

[Focus] 海外における贈収賄リスク
施行直前チェック 英国贈収賄禁止法

西垣建剛 弁護士 / 立石竜資 弁護士

日本企業に欠けているのは贈収賄規制へのプロアクティブな行動

丹羽 正 FTIコンサルティング マネジングディレクター 日本支社代表

Interview
チャレンジ精神溢れる宣言を部門目標として策定

城 麟一 コニカミノルタホールディングス 法務総務部長

 

[特別レポート] “一人法務部員”のための契約書作成講座
【第3回 秘密保持契約】

解説:津曲貴裕 弁護士


OPINION
「企業の法務部員」から「企業内法曹」へ

唐津恵一 東京大学大学院法学政治学研究科教授

Inside Story
大震災後の株主 存在の耐えられない軽さ

渋谷高弘 日本経済新聞社 編集委員

連載
実務解説

下請法コンプライアンス体制とその盲点
吉峯耕平 弁護士

非上場 会社法実務NAVI

初めての決算公告
小野絵里 司法書士

実務感覚が分かる!M&Aロードマップ

最終契約(2)―各論
熊木 明 弁護士

企業会計法Current Topics

連結プロジェクトとジョイントベンチャープロジェクト
弥永真生 筑波大学大学院教授

ハブ法務を実践するための日・英・中対応国際契約講座

国際調達契約  グローバルなリスク分散と品質の両立
長谷川俊明 弁護士

World Legal & Business Guide

台湾
関口智弘 弁護士 / 西田 武 弁護士

リーガル・テクノロジーの潮流

・第20回 米国政府調査におけるディスカバリー
Ji2
・INTERVIEW 
仁位清丸 Ji2 営業本部 事業開発室長

[新連載] 具体例に学ぶ e法務ソリューション

予防法務・訴訟対策ソリューションは万全ですか?
AOSテクノロジーズ

外資系企業法務部長としての7年

契約書審査・交渉の仕事
光明宏之 英国法弁護士

牛島信のローヤー進化論
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る