2011.12月号(No.45)の目次

第45号

2011年10月21日発売
 在庫切れ

特集タイトル

[特集]システム開発契約―成功と失敗の分かれ目

システム開発契約は、ベンダ・ユーザそれぞれの規模やプロジェクトの性質によって、契約時の留意点やトラブル後の処理はさまざまだ。
本特集では、前提となる案件の性質や具体的な場面に応じた実務的なアドバイスを弁護士に提供いただくとともに、ユーザ・ベンダ双方の担当者から、現場の実情と本音を語っていただいた。

サンプル01 サンプル02

[特集] システム開発契約―成功と失敗の分かれ目 
大規模システム開発の契約交渉とプロジェクト運営のポイント

―紛争リスクを最小化するために
松島淳也 弁護士

中小企業における開発契約発注時の留意点

北岡弘章 弁護士・弁理士

契約締結後にとるべきトラブル回避行動

平野高志 弁護士・弁理士

ベンダからユーザへ要望・アドバイス

[CASE1]ユーザ社内での価値観共有と明確な優先順位付けを
国内大手

[CASE2]請負契約の規定が問題の根本
ITコンサルティング


[CASE3]エンジニア出身の法務から見た 失敗の原因
中堅

[CASE4]ユーザの無理解に苦労
外資系(業務ソフト)

[CASE5]実態に合わない 契約交渉の愚
中小ベンダ(ウェブ)

ユーザはどう関わるべきか

[CASE1]裁判を経験したから分かる システム開発契約の「やってはいけない」
野々垣典男 JTB情報システム 常務取締役 経営企画部長

[CASE2]ベンダとのパートナーシップ構築に役立つ 権限集約と契約ひな形整備
木内里美 大成ロテック 常勤監査役


[CASE3]契約条項の限界を理解する
銀行

オープンソース・ソフトウェアに関する法的リスク

―法務部門によるマネジメント策
上山 浩 弁護士・弁理士

 

INTERVIEW
新たな組織・チーム編成で企業統合と事業拡大を下支え

二宮圭二 LIXIL 法務部 法務室 室長(兼 住生活グループ 法務総務部 グループリーダー)

特別企画
オリンパス配転命令事件で見えた 内部通報の処理・対応をめぐる問題

・「配転命令」の有効性判断基準を探る
嘉納英樹 弁護士 / 鈴木尚太 弁護士

・通報者の匿名性維持が基本で最大の問題
電気機器メーカー 内部統制部門責任者 / 内部監査部門責任者

 
CAFCによる他地域への移送命令が増加
「ロケット・ドケット」とは呼べない テキサス州東部地区

ライアン・ゴールドスティン 米国弁護士

OPINION
法律家の交渉力

森下哲朗 上智大学法科大学院教授

 

Inside Story
「国際カルテル」包囲網

三宅伸吾 日本経済新聞社 編集委員

連載
実務解説

近年の株主代表訴訟─不提訴理由通知への対応と企業としての心構え─
貝塚光啓 弁護士

[新連載] 非公開会社のための 新・会社法実務NAVI

定款の取扱い
山田直樹 伊藤忠シェアードマネジメントサービス ビジネスサポート部長

実務感覚が分かる!M&Aロードマップ

クロージング対応等
熊木 明 弁護士

企業会計法Current Topics

監査人をめぐる議論の再沸騰
弥永真生 筑波大学大学院教授

海外販売・代理店契約シリーズ

既存販売店との契約条件を毎年見直し
吉岡伸弥 コニカミノルタホールディングス 法務総務部第1グループリーダー

ハブ法務を実践するための日・英・中対応国際契約講座

国際販売店契約  現地主導のリコール実現のための契約
長谷川俊明 弁護士

World Legal & Business Guide

シンガポール
関口智弘 弁護士 / 茨城敏夫 弁護士

Global Business Law Seminar

ソフトウェアの保守サービスにおける 独禁法上の優越的地位の濫用と知的財産権との関係
高田 寛 ビーコンIT 法務部長・産業能率大学兼任講師

リーガル・テクノロジーの潮流

第24回 米国訴訟の鍵を握る 最新テクノロジーの動向(2)
Ji2

具体例に学ぶ e法務ソリューション

目的に合わせた管理と利用で効果を最大化
AOSテクノロジーズ

外資系企業法務部長としての7年

「コンプライアンス」は法務部の仕事か
光明宏之 英国法弁護士

牛島信のローヤー進化論
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
BOOK in BOOK
LAWYERS GUIDE 2012
ページトップへ戻る