2012.4月号(No.49)の目次

第49号

2012年2月21日発売
 在庫切れ

特集タイトル

[第1特集]契約審査の着眼点 無難な書式の落とし穴

一見無難な契約書案。しかし、きれいに整った文言に隠された、曖昧な部分を見抜けているだろうか。また、個々の条項に問題はなくとも、全体として矛盾はないだろうか。詳しい事実を知らされぬまま、いきなり契約書案だけを渡された場合、どのような観点から契約書を審査し、事業部門に確認すべきだろうか。
そのようなコンセプトの下、本特集では五つの契約類型について取り上げ、解説した。まずは契約書案を眺めて問題意識を持ったうえで解説を読んでいただきたい。



[第2特集]インターネット広告規制の現在

インターネット上の広告や販促活動に対する規制が不明確な中、実務担当者としては、何をよりどころに適法性を判断すべきか。また、社会の目を読み違えた場合のレピュテーションダメージをどこまで考慮すべきか。
規制と実務対応の現状を整理して提供する。

サンプル01 サンプル02

[第1特集] 契約審査の着眼点 無難な書式の落とし穴
売買契約

田路至弘 弁護士

業務委託契約

浅見隆行 弁護士

特許ライセンス契約

岡田 徹 弁護士

提携契約

熊木 明 弁護士

取引基本契約

佐藤孝幸 弁護士

 

[第2特集] インターネット広告規制の現在
インターネット広告における法規制の全体像

森 亮二 弁護士

インターネット広告とプライバシー保護

二関辰郎 弁護士

米国でインターネット広告・宣伝活動を展開する際に押さえるべき法規制

フローレンス・ロスタミ 米国弁護士

どこから火がつくか分からないと、用心するに越したことはない

上沼紫野 弁護士

各社の取組み

[広告主]
■ ソーシャルメディアガイドラインの作り方

石井龍夫 花王 Web作成部長

■ ソーシャルメディアポリシーは作ったものの…
食品メーカー 法務担当者


■ タイアップブログが炎上
アパレル 法務担当者

 

[メディアレップ]
■ 仲介の立場としての責任範囲

インターネット広告会社 法務室長

 

[制作会社]
■ やみくもな抑制ではなく違法行為の回避に注力

ウェブサイト制作会社 法務マネージャー

 

[媒体]
■ 大手媒体だからこそ厳正に審査

別所直哉 ヤフー CCO 法務本部長 兼 政策企画室長

■ 変化の激しいインターネットサービスの健全な発展を法務・渉外の面からサポート
長島恵美子 楽天 法務部 法務グループマネージャー / 小木曽 稔 渉外室 渉外課


INTERVIEW
ビジネスラインに付加価値を与える戦略的な対応を

清田 聡 本田技研工業 法務部部長

実務解説
ローパフォーマーに対する解雇等の実務的な対応

遠藤元一 弁護士

競業禁止・秘密保持義務に関する最近の裁判例の傾向

末 啓一郎 弁護士

 

OPINION
50年ぶりの国税通則法大改正

三木義一 青山学院大学法学部教授

 

Inside Story
自炊代行訴訟、「複製者は誰か」が焦点に

瀬川奈都子 日本経済新聞社 編集局 証券部記者

 

連載
実務解説

更生手続における動産売買先取特権等に基づく債権回収
辻 拓一郎 弁護士

非公開会社のための 新・会社法実務NAVI

企業再編 ② 手続の進め方
山田直樹 伊藤忠シェアードマネジメントサービス ビジネスサポート部長

企業会計法Current Topics

会計監査人の報酬
弥永真生 筑波大学大学院教授

ハブ法務思考で実践するグローバル訴訟マネジメント

「開発危険の抗弁」の各国の違いを知る グローバルなPL訴訟の武器
長谷川俊明 弁護士

World Legal & Business Guide

カンボジア
永田有吾 弁護士

Global Business Law Seminar

中国からの撤退方法
韓晏元 中国弁護士

具体例に学ぶ e法務ソリューション

デジタル証拠開示への関心の高まりを実感
AOSテクノロジーズ

牛島信のローヤー進化論
Pick up! セミナー情報
セミナーのご案内
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る