2013.5月号(No.62)の目次

第62号

2013年3月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[第1特集]問われる法務部のあり方

法務担当者・部門として、社内のニーズを汲み、外部専門家とも円滑にコミュニケーションをとれているだろうか。 自己変革した組織の事例や、社内クライアントおよび弁護士の声から、業務改善のためのヒントを探る。

 



[第2特集]キャンペーンの法的留意点

認知度向上を図るためのキャンペーンを実施する企業が増えている。 ソーシャルメディアの活用など手法も多様化する中、どのような点に着目し、どう判断すべきか。 最近の問題を踏まえた解説とともに、社内のマーケティング部門等から相談を受けた際に役立つフローチャート、チェックリスト、法務担当者コメントをあわせてお届けする。

サンプル01サンプル02

[第1特集] 問われる法務部のあり方
SECTION① [特別対談] 法務部と法律事務所の役割分担 
弁護士への積極的アウトソーシング

小林貴之 日本航空 法務部長 / 柳田一宏 弁護士

SECTION② 社内クライアントから見た法務への改善要望

01 確認してもらったほうが安心なのに… ウェブデザイナー
02 戦略的・客観的視点からのアドバイスを期待 ウェブ広報担当 / 経営企画部長
03 他部署によるアンケート結果を踏まえて 他部署経験法務担当
04 契約文言審査に特化した法務で問題なし 取締役

SECTION③ 弁護士から見た法務への改善要望

01 相談前にこれだけは整理してほしいこと 個人事務所経営
02 弁護士使いが上手いクライアントとは 法律事務所・企業両方経験 中堅
03 言いにくいことを言える関係 関西系法律事務所 パートナー
04 弁護士として責任ある仕事には相当の対価を 中規模事務所 パートナー
05 ビジネスパートナーとして適度な緊張関係を 外資系事務所 中堅
06 想像力を働かせていますか? 中規模事務所経営


[第2特集] キャンペーンの法的留意点
景品・値引等に関する法規制の検討フロー

高橋善樹 弁護士

キャンペーンの制作・告知・実施で注意すべき 知的財産権の実務ポイント

柴野相雄 弁護士 / 長島匡克 弁護士

[Interview]マーケティング部門を担当する 法務の心得

中川裕一 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 法務グループ リーガル マネジャー

[Interview]企画としての可否のみならず トラブルの予防・対応策も検討

広告会社 法務担当者

[Interview]広告主に迷惑をかけたら 業界失格

広告制作会社 法務担当者

OPINION
学者の道楽に付き合うな!

安念潤司 中央大学法科大学院教授・弁護士

company
国内や欧米のみならず新興国にも広がる活躍の場

コマツ 真壁 宏 法務部長


緊急解説
民法改正 中間試案の検討ポイント

前田敏博 弁護士 / 有吉尚哉 弁護士 / 善家啓文 弁護士

 

実務解説
商標ライセンス契約の標準的条項例と検討のポイント

浅井敏雄 シャネル 法務部長・弁理士

実務解説
施行直前!改正高年齢者雇用安定法の実務対応

薄井琢磨 弁護士 / 丹羽翔一 弁護士


Global Business Law Seminar
オリンパス事例から学ぶ コーポレートガバナンスの教訓と論点(後編)

渡辺樹一

ジャパン・ビジネス・アシュアランス 経営企画本部マネジャー、米国公認会計士・公認内部監査人

 

連載
Inside Story

八十島綾平 日本経済新聞社 法務報道部

弁護士・税理士が教える 税務の勘所

岩品信明 弁護士・税理士 / 遠藤元基 税理士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

不祥事の解剖学

樋口晴彦 警察大学校警察政策研究センター 教授

これまでの「交渉」の話をしよう

松田 實

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る