2013.6月号(No.63)の目次

第63号

2013年4月20日発売
 在庫切れ

特集タイトル

[第1特集]契約書の管理 9社の取組事例

大量にある契約書を、リスク管理とナレッジ共有の観点から、どのように管理すべきか。 限られたリソースの中で、自社に適した方法を模索する読者のために、9社の取組事例と企業内弁護士経験者のアドバイスを紹介する。

 



[第2特集]民法改正「中間試案」 実務担当者の視点[取引実務編]

「民法(債権関係)の改正に関する中間試案」のパブリックコメント期間は、4月16日からの2か月間とされているため、実務に影響が及ぶと予想される点について早急な検討が求められよう。 本特集では、学理的な検討ではなく、あくまでも実務担当者の視点から、中間試案の疑問・懸念事項を紹介する。
なお、本号では取り上げる対象を取引実務に関連した論点に絞り、債権回収に関連した論点については次号に掲載する。

サンプル01サンプル02

[第1特集] 契約書の管理 9社の取組事例
[Case1] 契約業務における相談から管理の全フローをシステム化

リコー 法務・知財本部 法務部 法務統括グループ

[Case2] 文書管理パッケージに独自の契約書管理システムを連結

エステー 経営管理部門 法務グループ

[Case3] 手間と費用をかけずアクセスの台帳で管理

IT

[Case4] 煩雑な期間管理を改善

電機メーカー

[Case5] パッケージのシステムを導入して集中管理

エンタテインメント

[Case6] 既存の文書管理システムを案件管理用に拡張

金融

[Case7] 契約書と関連資料を一括で参照可能

IT

[Case8] 経緯が見えるシステムの構築

石油化学メーカー

[Case9]各部署の責任で安全に機能する“割り切り型”管理

外資系メーカー日本法人

契約書管理再考のためのフレームワーク

ITサービス業 企業内弁護士

[座談会]出向経験のある弁護士から見た 契約書管理に求められるメリハリとは

市川佐知子 弁護士 / 三谷和歌子 弁護士 / 辻 拓一郎 弁護士 / 倉持孝一郎 弁護士

 

[第2特集] 民法改正「中間試案」 実務担当者の視点[取引実務編]
[誌上座談会]中間試案に対する疑問と懸念事項[1] 取引実務編

遠藤元一 弁護士 / 泉原智史 弁護士 / 法務担当者 5名

「約款」実務の正念場

サービス業 法務担当者

請負契約における割合的報酬請求権等 ~債権者に求められる「必要な行為」とは

泉原智史 弁護士

条文形式施行時期も検討の必要

望月治彦 三井不動産 総務部 法務グループ

OPINION
放蕩息子の効用

木庭 顕 東京大学大学院法学政治学研究科教授

company
実務密着型と部門横断型の長所を活かした法務体制

日本生命保険 松澤 登 法務室 室長 / 中澤正樹 法務室 経営法務課長


法令関連情報Basics
「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」の解説

黒川浩一 東京都青少年・治安対策本部 交通安全課長

 

実務解説
建築紛争を防ぐために注意すべきこと

伊藤英之 弁護士

キャラクターの商品化契約における実務上の留意点

河村寛治 一般社団法人GBL研究所 理事・副会長(明治学院大学法科大学院教授)


Global Business Law Seminar
投資紛争仲裁の概略

高橋宏司 同志社大学司法研究科教授

 

連載
Inside Story

田中浩司 日本経済新聞社 法務報道部

弁護士・税理士が教える 税務の勘所

岩品信明 弁護士・税理士 / 遠藤元基 税理士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

これまでの「交渉」の話をしよう

松田 實

ハブ法務思考で実践する 続 グローバル訴訟マネジメント

長谷川俊明 弁護士

[新連載] 源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Information

今、企業が知っておくべき 国際訴訟を有利に進める「戦略的なディスカバリ」とは?

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る