2013.12月号(No.69)の目次

第69号

2013年10月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]どこまで保守的にすべきか インサイダー取引防止の実務感覚

自社株売買については、インサイダー取引が生じないよう保守的な対応をする企業は多い。 その一方で、あまりに硬直的な対応では弊害も少なくないのではと気にする声もある。 防止規程やその運用方法について、考え直す必要はあるのか。
弁護士、東証売買審査部長と法務担当者による座談会および各社の現状報告から、規制のあり方のベストバランスを導くヒントにしていただきたい。

[SPECIAL INTERVIEW]企業が行政と訴訟をするということ

サンプル01サンプル02

[特集] どこまで保守的にすべきか インサイダー取引防止の実務感覚
[座談会]インサイダー取引防止の実態 ~社内管理で問題となるポイントと落とし所~

ファシリテーター 柳田一宏 弁護士
参加者 木目田 裕 弁護士 / 鈴木淑彦 東京証券取引所自主規制法人 売買審査部長 / 法務担当者 3名

各社の傾向と対策 管理担当者の問題意識

規程は緩やかでも運用で違反を防ぐ メーカー 法務担当者

グループ全体に判断基準をどう行き渡らせるか メーカー持株会社 法務担当者

[REPORT]保守的運用を自覚する担当者たちの声 メーカー、IT等 法務担当者

改正されたインサイダー取引規制の留意点 ─平成24年・平成25年改正─

木目田 裕 弁護士 / 有松 晶 弁護士

 

SPECIAL INTERVIEW
企業が行政と訴訟をするということ

阿部泰隆 弁護士・神戸大学名誉教授 / 関 葉子 弁護士・公認会計士
[企業側担当者の視点] 土田綾子 ケンコーコム 管理本部 法務室長 兼 社長室長

 

OPINION
地球の上のタックス・コンプライアンス

川北 力 一橋大学大学院教授

 

company
経営戦略を支援する分散型法務

東京放送ホールディングス 成合正和 総務局 担当局長 法務部長

 

実務解説
インドネシア・タイ・ベトナムのM&Aにおける実務上の留意点(3)

安西明毅 弁護士 / 三木康史 弁護士 / 池田孝宏 弁護士

 

リスク判断のための紛争解決コスト分析
類似商品

中村勝彦 弁護士

 

実務解説
ある日突然、合同労組から団体交渉申入書が届いたら

~企業の対応はどうあるべきか~

海老沼英次 弁護士

 

契約書審査 差がつくポイント
秘密保持契約

丸野登紀子 弁護士

 

ビジネスを促進する 独禁法の道標
事業提携・共同事業のチェックポイント

内田清人 弁護士 / 笹野 司 弁護士

 

裁判例から学ぶ 対症法務と予防法務
人証の採用度とその注意点

滝澤孝臣 日本大学法科大学院教授・弁護士

 

Global Business Law Seminar
中国における関連会社間の法人格の混同

―指導性案例15号の売買契約紛争案を中心に

黒瀧 晶 明治学院大学法学部非常勤講師

 

連載
弁護士・税理士が教える 税務の勘所

岩品信明 弁護士・税理士 / 遠藤元基 社員税理士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

ハブ法務思考で実践する 続 グローバル訴訟マネジメント

長谷川俊明 弁護士

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

米国法ではこう考える

渡邊健樹 米国弁護士

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Information

アメリカにおける証拠開示(ディスカバリ)の最新事情と日本企業の国際訴訟対策

Special Tie-up

岩出 誠 弁護士

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る