2014.10月号(No.79)の目次

第79号

2014年8月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]グループ会社のリーガルリスク管理

企業グループとして、統制のとれた組織運営と法的リスクの適切な管理をどのように実現すべきか。 国内における管理機能の効率化、そして海外子会社のコンプライアンス体制整備という二つの側面から、外部専門家、親会社、子会社それぞれの考え方や事例を紹介する。。

[実務解説]マイナンバー法に伴う業務・システム変更の実務

サンプル01サンプル02

[特集]グループ会社のリーガルリスク管理
[Interview]内部統制の3本柱がグループ会社管理のカギ

安江英行 外国法事務弁護士

親会社はどのように子会社を管理するか 子会社管理のストラテジー

遠藤元一 弁護士

シェアードサービスを導入した 3社の事例

CASE01 親会社と子会社の責任を明確に分離

       メーカー 法務責任者
CASE02 環境に合わせて集約型と分散型を使い分け

       片渕哲郎 ニチレイ 法務部長 / 吉野俊樹 ニチレイ 法務部 マネジャー
CASE03 ノウハウを集約し効率的にリスク管理

       シェアードサービス会社 法務担当者

[子会社側の視点]親会社のリードでグループ内連携を深めたい

エンタテインメント 法務担当者

海外子会社管理のポイント リスクベース・アプローチと不祥事から得られる教訓

柳田一宏 弁護士

[INTERVIEW]

01 作り上げたグローバルリスク管理システムのさらなる徹底

   メーカー 法務責任者
02 国ごとに幹事会社を指定し統制を図る

   メーカー 法務責任者

03 段階的コンプライアンス論

   消費財メーカー 法務担当者

04 地域統括会社の法務立上げにかけた1年

   メーカー 法務担当者

法務部門 CLOSEUP
ANAホールディングス 法務部

小安土宗勲 リーダー / 藤田研一郎 スーパーバイザー

 

実務解説
[最新情報]マイナンバー法(番号法)に伴う業務・システム変更の実務

影島広泰 弁護士 / 藤村慎也 弁護士

株主の所在が分からない場合はどうする? ─所在不明株主の株式売却制度について

中村有友子 弁護士

「米国流」文書管理規程のススメ ─効果的な情報管理を実現する方法

田邊政裕 弁護士

ブラジル進出の実践的アプローチ

柏 健吾 弁護士

契約書審査 差がつくポイント
株式譲渡契約

丸野登紀子 弁護士

 

ビジネスを促進する 独禁法の道標
優越的地位にある事業者の留意事項

木村和也 弁護士


裁判例から学ぶ 対症法務と予防法務
責任財産の保全策 ─債権者代位権(2)

滝澤孝臣 日本大学法科大学院教授・弁護士


英文契約書 応用講座
Put Option条項

山本孝夫 元明治大学法学部教授

 

STRATEGIC ENGLISH
関係の維持(2) ―意見の仕方、急ぎのお願い、苦情対応

大森都史春 英国系IT会社 ジェネラルカウンセル

 

Global Business Law Seminar
中国消費者権益保護法の改正

黒瀧 晶 明治学院大学非常勤講師

連載
Opinion

石山卓磨 日本大学大学院法務研究科教授・弁護士

INSIGHT

森田 果 東北大学大学院法学研究科准教授

[新連載]Q&A 法務相談の現場から

原田 真 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

BLJ LIVING

「渋谷区大山町」の魅力

Information

ビッグデータ時代の訴訟対策

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る