2015.3月号(No.84)の目次

第84号

2015年1月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]2015 法務の重要課題

事業活動において法務部門の果たすべき役割が拡大する中、 各社の管理職の方々は、取り組むべき課題をどのようにとらえているか。 多様な視点から見えてくるトレンドを紹介する。

[新連載]ライセンス契約法

サンプル01サンプル02

[特集] 2015 法務の重要課題
[REPORT]法務部門の管理職に聞く 課題・論点2015

Section 1 2015年注目トピック
Section 2 組織マネジメントの課題

法務から“包務”へ 上野正樹 キリン 法務部長

グローバル化に対応するための人財施策と組織の作り方 萩原恒昭 凸版印刷 法務本部 本部長

コンプライアンス対応における経営者と法務の連携

山口利昭 弁護士

注目すべき企業法制の動向

阿部泰久 日本経済団体連合会 常務理事

 

法務部門 CLOSEUP
日本ユニシス 法務部

中根則男 法務部長 / 伊藤 脩 企画法務室長

 

実務解説
女性従業員活用をめぐる近年の動き

三谷和歌子 弁護士

もし仲裁と訴訟が重複したら 英米法国の訴訟差止命令と仲裁差止命令の活用

デズモンド・アン ソリシター / 二瓶ひろ子 弁護士

日系企業が留意すべき シンガポールの個人情報保護法 

水田 進 弁護士

[新連載]ライセンス契約法 取引実務と法的理論の橋渡し
連載開始にあたって

松田俊治 弁護士


シチュエーション別 フランチャイズ契約のトラブル防止・対応策
フランチャイザーによるFC契約の解除、 更新拒絶は
どのような場合に認められるか?

淵邊善彦 弁護士 / 戸澤晃広 弁護士 / 田中健太郎 弁護士

 

ビジネスを促進する 景表法の道標
食品表示の適法性確保のための法横断的視点

内田清人 弁護士 / 吉田倫子 弁護士

裁判例から学ぶ 対症法務と予防法務
担保権の保全策 ─留置権の功罪(2)

滝澤孝臣 日本大学法科大学院教授・弁護士


英文契約書 応用講座
リコール条項とリコール発生を予防するための条項

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

 

米国における 特許権制限の動きが及ぼす影響
膨大な訴訟コスト

一色太郎 米国弁護士

 

Global Business Law Seminar
ハドレイ法理(予見可能性準則)の積極適用を回避する方法

立石孝夫 富山大学経済学部経営法学科教授

連載
Opinion

米田憲市 鹿児島大学法科大学院司法政策研究科教授

INSIGHT

門口正人 弁護士(元名古屋高裁長官)

法のデザイン

水野 祐 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Information

eディスカバリのコストを劇的に下げ、『攻め』のコンプライアンス・ツールにもなるTAR2とは?
Eディスカバリーへの備えは必須!?
拡大するeディスカバリーにいかに対応するか

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books/Event
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る