2015.8月号(No.89)の目次

第89号

2015年6月20日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]個人情報保護法改正で何が変わるか 必要となる実務対応の検討

個人情報保護法の改正は、幅広い事業活動に影響を与えることが予想される。自社でどのような対応が必要となるかを理解し、準備を始められるよう、実務上重要な点を整理して解説する。なお、次号以降において、改正プロセスの振り返り、政令・委員会規則の制定に向けた対応、社内規程の整備等について取り上げる。

※本誌参考記事:15年6月号 [特集・国会提出法案]個人情報保護法改正—個人情報保護とパーソナルデータの利活用促進との両立/14年9月号 [Focus]対談 パーソナルデータ大綱の読み方/14年5月号 [特集]パーソナルデータ 企業法務の視点/13年1月号 [Focus]データ活用ビジネスとプライバシー問題/12年10月号 [第2特集]プライバシー情報の利用可否をどう判断するか

[BASICS]電子商取引準則平成27年改訂のポイント
[実務解説]進んでいますか マイナンバー対応

サンプル01サンプル02

[特集] 個人情報保護法改正で何が変わるか 必要となる実務対応の検討
保護利活用のポイント 何ができるか、何をすべきか

太田 洋 弁護士 / 河合優子 弁護士

個人情報の取扱いのグローバル化対応

牧山嘉道 弁護士

従業員情報を中心とした実務対応

北岡弘章 弁護士・弁理士

企業の視点から見た改正のインパクト

01  どのような番号が個人情報に当たるか 宮沢和正 楽天Edy 執行役員 渉外・法務部 部長
02  海外企業への業務委託に与える影響 金融機関 法務部長

03  改正法における統計の扱い NTTドコモ 法務部 坂下昭宏 担当部長 / 藤井啓介 主査

 

実務解説
進んでいますか、マイナンバー対応 ~対応を怠ることによる民間事業者のリスク~

伊藤英之 弁護士

法令関連情報Basics
「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」平成27年改訂のポイント

稲益みつこ 弁護士 / 山内貴博 弁護士 / 森 亮二 弁護士

[短期連載]ソーシャルメディア・リスクマネジメント
コンプライアンスに関する10のキーワード

増田英次 弁護士 / 朝倉 誠 弁護士

ライセンス契約法 取引実務と法的理論の橋渡し
ライセンシーの権利とその保護(3) ─ライセンサー倒産問題、再び

松田俊治 弁護士


シチュエーション別 フランチャイズ契約のトラブル防止・対応策
フランチャイズの海外展開におけるリスクにいかに対応するか?

淵邊善彦 弁護士 / 戸澤晃広 弁護士 / 田中健太郎 弁護士

 

ビジネスを促進する 独禁法の道標
共同ボイコットが違法となる境界線

南部朋子 弁護士


裁判例から学ぶ 対症法務と予防法務
相殺の担保的機能 ─その実体法的な側面

滝澤孝臣 日本大学法科大学院教授・弁護士


英文契約書 応用講座
海外企業の敵対的買収におけるオーナー保証債務の処理

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

 

Global Business Law Seminar
債権法改正と売買の瑕疵担保責任ルールの変更(前編)

遠藤元一 弁護士

連載
Opinion

棚橋祐治 石油資源開発 取締役会長・知的財産教育協会 理事長

INSIGHT

大屋雄裕 名古屋大学大学院法学研究科教授

Q&A 法務相談の現場から

有富丈之 弁護士

法のデザイン

水野 祐 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Information

中国独占禁止法セミナー
国際カルテル調査対応
日本人向けにカスタマイズした実践的交渉学の修得
社会人だから通いたい スクールガイド2015
訴訟を回避するための5つのステップ
カルテル案件のリスクに対して日本企業がとるべき対応

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books/Seminar Report
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る