2017.1月号(No.106)の目次

第106号

2016年11月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]小さな不祥事を大きくさせない危機管理術

不祥事の発生をゼロにすることはできないが、発生後の対応次第で、企業に及ぼす影響は大きく異なる。
本特集では、どの企業にでも生じ得る小さな不祥事を、大炎上させることなく解決するために知っておきたいポイントについて解説する。


[Focus]パロディ商品との戦い方・付き合い方
[Report]国内初 特許権侵害を理由とした化学品の輸入差止め

サンプル01サンプル02

[特集] 小さな不祥事を大きくさせない危機管理術
企業危機管理の戦略的な初動とは

柴田義人 弁護士

広報の観点から留意すべきポイント 四つの事例に学ぶ教訓

浅見隆行 弁護士

[Interview]“普通の”企業が気をつけるべき危機管理の対応ポイント

小松正和 弁護士

[Comment]現場から考える最近の情報開示のあり方

メーカー 法務部長

[Focus] パロディ商品との戦い方・付き合い方
ブランドマネジメントの現場における商標パロディ対応策
フランク三浦事件知財高裁判決を契機として

中川隆太郎 弁護士

パロディ商品をどう考えるか 攻守両面の立場から

CASE01 ゲーム会社 法務担当者 / CASE02 映像業界 法務担当者 / CASE03 メーカー 知財担当者

 

法務部門 CLOSEUP
第一三共 法務部

青柳吉弘 執行役員 法務部長

REPORT
国内初 特許権侵害を理由とした化学品の輸入差止め

保土谷化学工業

実務解説
東南アジア進出企業のためのグローバルコンプライアンス
個人情報保護法

大塚周平 弁護士・公認会計士


エモーショナルコンプライアンスの理論と実践
「不快なことをやらない」からスタートする

増田英次 弁護士


CASE STUDY 内部通報
不正会計

内藤亜雅沙 弁護士


トラブルを解決する 独禁法の道標2
解約清算金の負担による契約奪取 ─三木産業対大東建託事件

木村和也 弁護士

 

損害立証の基礎講座
投資プロジェクトの損害

池谷 誠 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー マネージングディレクター


英文契約書 応用講座
正式契約の締結を目的とした秘密保持契約

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

知的財産法の羅針盤
応用美術の著作物性

大前由子 弁護士 / 吉川景司 弁護士・弁理士


連載
Opinion

島並 良 神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科・法学研究科教授

INSIGHT

大屋雄裕 慶應義塾大学法学部教授

Q&A 法務相談の現場から

久保文吾 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Information

文書管理の課題とメリット、日本企業が実践すべき情報ガバナンスのポイントは?(後編)
米国におけるサイバー攻撃対策義務の動向

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る