2019.3月号(No.132)の目次

第132号

2019年1月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]2019法務の重要課題

2019年、各社の法務部門管理職は、何を課題だととらえているのだろうか。
グローバル化対応、民法(債権関係)改正対応、業務効率化といった切り口から、今年注目すべきテーマを紹介する。


[実務解説]GDPR「地理的範囲についてのガイドライン」の概要と
      実務上注目すべきポイント
[実務解説]消費税転嫁対策特別措置法への実務対応
サンプル01サンプル02

[特集] 2019法務の重要課題
[REPORT]法務部門の管理職に聞く 課題・論点2019

Section 1 2019年注目トピック
Section 2 民法(債権関係)改正対応の進捗状況
Section 3 個別の法的課題
Section 4 業務効率化のための施策

外部弁護士の活用


法務部門 CLOSEUP
ZOZO 経営管理本部 法務部

赤塚慶太 ディレクター / 采木俊憲 ディレクター


実務解説
GDPR「地理的範囲についてのガイドライン」の概要と実務上注目すべきポイント

石川智也 弁護士 / 杉山侑惟 弁護士

10月の増税に備えた 消費税転嫁対策特別措置法への実務対応

石井 崇 弁護士

事業者視点で考える 確約手続のメリット・デメリット

臼杵善治 弁護士 / 植村直輝 弁護士

事業譲渡・会社分割と子会社譲渡との比較で理解する カーブアウトM&Aの法的留意点

松浪信也 弁護士

日本企業が留意すべき 米国における健康保険詐欺対策の最新動向

井上 朗 弁護士

中国における債権回収
強制執行

野村高志 弁護士 / 志賀正帥 弁護士

実務講座
外国人雇用にまつわる基礎知識 外国人雇用の現状と押さえておくべき留意点

星 千絵 弁護士

かけ算で理解する 独禁法の道標4
景表法と不競法

三木 賢 弁護士


人事労務の目 リスク管理の目
内部通報・内部告発

中村克己 弁護士・公認不正検査士 / 町田悠生子 弁護士

 

グローバル企業のための製品リコール対策(各地域のリコール法制)
EU・ドイツ・フランス

吉田武史 弁護士


英文契約書 応用講座
映画輸出ライセンス契約(3)

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

知的財産法の羅針盤
特許法102条2項における特許発明実施の要否と推定の覆滅

津久井見樹 保土谷化学工業 法務部 部長

 

連載
Opinion

駒村圭吾 慶應義塾常任理事・同大学法学部教授

INSIGHT

門口正人 弁護士(元名古屋高裁長官)

Q&A 法務相談の現場から

松下 外 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

辛口法律書レビュー(2018年12月)

企業法務系ブロガー

Information

AI自動翻訳を活かし、英文契約を効率化

Movie/Art/New Book/Recommended Books
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る