ビジネスロー・ジャーナル6月号39頁<条項案6>についての補足コメント

2010年4月22日|(編集部)
お知らせ トラックバック (0)

6月号特集中「ケーススタディ 訴訟を想定した条項案作成」(p.33~)において挙げられている<条項案6>(p.39)につき、著者の浅見隆行弁護士から補足コメントをいただきました。

------------------------------------
<条項案6>
2. 前項の場合において、X社が損害賠償として請求できる損害は、X 社の請求時の直前2期の事業年度末の売上高の○%とみなす。

↓(第2項の「売上高」と「の◯%」の間に「平均値」を入れる。)

2. 前項の場合において、X社が損害賠償として請求できる損害は、X 社の請求時の直前2期の事業年度末の売上高平均値○%とみなす。

------------------------------------

2年分の売上高(合計)の○%よりも、2年分の売上高平均値の△%としたほうが分かりやすいですね。
ご指摘くださった企業法務マンサバイバルさまありがとうございました。

今後も、記事についてのご意見ご感想はどんどんお送りいただければ幸いです。
より充実した誌面を作るために努力していきたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://businesslaw.jp/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/122