第1回(追加開催) 定期購読者向けイベント概要

セミナータイトル
訴訟弁護士に教わる 交渉術・証拠の残し方の鉄則

日時
2012年10月24日(水) 15:00~17:00

会場
三軒茶屋(東京都世田谷区)

講師名
高取芳宏 弁護士(日本および米国ニューヨーク州)
オリック東京法律事務所・外国法共同事業訴訟部代表パートナー

受講料
無料

セミナー概要
ご好評につき、定期購読者向けイベント第一弾を追加開催いたします。
ビジネスロー・ジャーナル2012年11月号36頁~「訴訟を見据えた 交渉時における証拠の残し方」のインタビュー記事にご登場いただいた高取芳宏弁護士に、訴訟のみならず仲裁も念頭に置きながら、誌面には収まりきらなかった更に詳細なノウハウと豊富な経験に基づく具体的なお話をしていただきます。 また、本誌121頁にも紹介した新刊書籍『企業間紛争解決の鉄則20―国際弁護士を使ったコスト節約のノウハウ』の中に収められている内容もご披露いただく予定です。

プログラム
1.紛争予防の鉄則
(以下、『企業間紛争解決の鉄則20』からピックアップ)
(1) 契約書作成は「証拠」作り / (2) 日常における「証拠」を有利に残す / (3) 各国の法的コンセプト・効果の違いを確認する / (4) 紛争解決条項は最重要―仲裁も立派な選択肢
2.弁護士・依頼者秘匿特権の有効活用
3.有利な管轄の選択―ディスカバリーの利用、または回避―
手続面だけでなく「実体法」比較も重要
4.上記各鉄則を踏まえたケーススタディ
ジョイントベンチャー契約の交渉・契約締結・解約・紛争

※ 講演後に講師との名刺交換のお時間を設けます。
※ 当日受付にてお名刺を1枚頂戴します。

人数
30 人

対象・条件
ビジネスロー・ジャーナル定期購読者 / 先着順 / 大変恐縮ですが、1社(1事務所)につき1名のご参加に限らせていただきます。

主催
レクシスネクシス・ジャパン株式会社 Business Law Journal編集部

 
ページトップへ戻る