2020.8月号(No.149)の目次

第149号

2020年6月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集] ポストコロナ社会とこれからの法的リスク

新型コロナウイルス感染拡大により社会や経済は大きな危機に見舞われ、その影響は 長期にわたり続くと見込まれている。企業もさまざまな対応と変革を迫られているが、 その中で法務はどのような視点を持ち、いかなるサポートが可能なのか。本特集では 中長期的な立場からコロナ後の法務のあり方を展望する。


[実務解説] AI等のテクノロジーが及ぼす人権への影響と法務対応
[実務解説] 宿泊・居住サブスクリプションサービスと行政許認可等に関する検討
サンプル01サンプル02

[特集] ポストコロナ社会とこれからの法的リスク
新型コロナウイルス対応と経営上の課題

中島 茂 弁護士

コロナ禍が変える雇用のあり方の現実

丸尾拓養 弁護士

解雇・雇止めの実務は変わるか

嘉納英樹 弁護士

債権管理・回収に向けた備え

大江祥雅 弁護士

契約条項見直しの方向性

有吉尚哉 弁護士

森田多恵子 弁護士

鶴岡勇誠 弁護士

[Comment] 新型コロナ対応 現状と今後

多賀谷健司 JERA 法務部 部長
青谷賢一郎 ニトリホールディングス 法務室 室長/弁護士
鵜川 孝 オイシックス・ラ・大地 管理本部 法務部 部付

 

実務解説
AI等のテクノロジーが及ぼす人権への影響と法務対応

高橋大祐 弁護士

宿泊・居住サブスクリプションサービスと行政許認可等に関する検討

西出智幸 弁護士
高田翔行 弁護士

 

実務講座
資金決済法改正・金融サービス仲介法制創設に係る法律のポイント

内藤亜雅沙 弁護士

 

個人情報保護体制グローバル化の設計図
エンフォースメント強化の動向と、データプライバシー・コンプライアンス体制構築の必要性

石川智也 弁護士/津田麻紀子 弁護士

 

不祥事の解剖学[特別編]
スルガ銀行不正融資事件の事例研究(2)

樋口晴彦 警察大学校警察政策研究センター 博士

 

アジア法務の思考回路
個人データ保護法対応の着眼点

久保光太郎 弁護士/渡邊満久 弁護士

 

グローバル企業のための製品リコール対策 (第2部 グローバルリコールにおける実務対応)
行政対応

吉田武史 弁護士


英文契約書 応用講座
株式譲渡契約(1)

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

 

連載
Opinion

阿川尚之 同志社大学法学部特別客員教授

INSIGHT

松尾直彦 弁護士(元金融庁室長)

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

辛口法律書レビュー(2020年5月)

企業法務系ブロガー

Movie/Art/New Book/Recommended Books
Pick up! セミナー情報
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る